ja

オントロジーチーム

  • ジュン・リ
    オントロジー創業者

    ジュン・リはオントロジーの創業者であり、分散型アイデンティティとデータソリューションが世界を変える可能性を秘めているという確信を持っています。彼は IT とフィンテック分野で17年の経験を持ち、ブロックチェーンソリューション・アーキテクトとして高く評価されています。技術アーキテクチャー、マネジメント、プランニングサポートに関する豊富な知識を持つ彼は、そのスキルを活かしてオントロジーをリードし、エコシステムの開発とその推進力となる人材の管理を行っています。

  • グロリア・ウー
    エコシステムパートナーシップ責任者

    グロリア・ウーはオントロジーのエコシステムパートナーシップ責任者です。人間関係構築の達人である彼女は、ブロックチェーン分野の深い知識と強力なコミュニケーションスキルを組み合わせ、オントロジーのエコシステムを新しいユースケース、プロダクト、コミュニティメンバーを含めて成長させるために不可欠なパートナーシップを模索し、構築しています。

  • エリック・ピノス
    米国エコシステム開発リーダー

    エリック・ピノスはオントロジーの米国エコシステム開発リーダーです。マサチューセッツ工科大学(MIT)を卒業した彼は、米国やその他の地域におけるブロックチェーンや暗号通貨に関するあらゆる事柄に精通しています。彼の幅広いビジネス感覚と、米国マーケットでのチャネル構築やオントロジーのメッセージ展開の能力は、この重要な地域でのエコシステムの成長にとって非常に重要なものです。

  • ハンプティ・カルデロン
    コミュニティ責任者

    ハンプティ・カルデロンはオントロジーのコミュニティ責任者です。情熱的なテクノロジストでありマーケッターでもある彼は、15年以上にわたりフィンテックやIT分野でビジネスを成功させてきた経験を持ち、組織全体のコミュニケーションやコラボレーションを改善するソリューションの提供に長けています。コミュニティ構築、プロダクト管理、マーケティングに関する豊富な専門知識を持つ彼のオントロジーにおけるミッションは、開発をサポートする協力的なグローバルコミュニティを醸成し、有意義なエンゲージメントとアクセス可能なオンランプを通じて、最終的に誰もがブロックチェーンを利用できるようにすることです。

  • 片山森雄
    日本エコシステム開発リーダー

    片山森雄はオントロジーの日本エコシステム開発リーダーです。2020年1月以降、彼はオントロジーの日本における事業開発や、PR・マーケティング活動を主導し、日本のユーザーへのサポート、説明会やイベントの開催など、この地域における事業とコミュニティの拡大に尽力しています。彼は、ブロックチェーンプロジェクトのコミュニティやプロジェクト管理の役割を担うことで磨いてきたスキルと経験を活かして、日本でのオントロジーの普及を推進しています。

  • ケンダル・マオ博士
    主席科学官

    ケンダル・マオ博士はオントロジーの主席科学官(チーフサイエンティスト)です。暗号学の博士号を持つマオ博士は、ブロックチェーンと暗号学のイノベーションと研究を推進し、現実世界へのユースケースの適用に尽力しています。彼の専門分野は、ブロックチェーンのコンセンサスメカニズム、ブロックチェーンのプライバシー保護、そしてデータセキュリティです。科学者としての彼の活動は、現実世界の問題を解決できる革新的な分散型IDソリューションを探求する上で鍵となります。

  • ニン・フー
    最高技術責任者

    ニン・フーはオントロジーの最高技術責任者(CTO)です。中国で最初のセマンティックウェブ専門家の一人である彼は、ソフトウェア開発と高度テクノロジーの分野で約 20年の経験を持っています。ビッグデータ管理と人工知能(AI)の専門家である彼は、プロダクト開発とコンピューターサイエンスの幅広い知識を活かし、オントロジーのパブリックチェーン、プロダクト、ソリューションを推進する技術を開発しています。

Advisors

松山(喜多尾)高恭

日本最大級の専門商社、外資系金融機関、日系コンサルティング会社での豊富な経験を活かし、スタートアップITベンチャーの顧問を務めています。 オントロジーのアドバイザーに就任する以前から、クラウドベースの在庫管理システムを使用する製薬会社や受託製造企業に対し、サプライチェーンオペレーションの改善支援サービスの提供等を行っていました。また、日本の政府機関と提携し、製薬メーカーや化学メーカー、大学の研究機関などにITソリューションを提供しています。

John Izaguirre

ジョン・イザギレはオントロジーのアドバイザーです。彼は、複数の関係者と協力してオーディエンスの関心を判断し、クリエイティブ・ビジネスの専門家やイニシアティブに沿った戦略的な「Go to Market」コミュニケーション・プランを開発してきた豊富な経験を持っています。

Roadmap

2017
27/12/2017

分散型アイデンティティ財団(DIF)に参加

27/11/2017

ニューヨークシティで公式ローンチ

2018
29/12/2018

オントロジーシャーディングのデザインを発表

22/08/2018

オントロジー分散型識別子(DID)が W3C-CCG DID を正式に追加

10/07/2018

ONTO ウォレット公開

30/06/2018

オントロジーメインネット公開

08/05/2018

トリオネス・コンセンサスシステムを導入

20/04/2018

VBFT コンセンサスメカニズム公開

2019
09/07/2019

オントロジーインフラストラクチャーホワイトペーパー 2.0 公開

10/06/2019

オントロジーが提案したブロックチェーン規格が IEEE で承認

2020
10/09/2020

オントロジーが自己主権型の信用スコア Oscore を発表

25/09/2020

オントロジーがダイムラーモビリティと自動車用ブロックチェーンプラットフォームで提携

16/09/2020

世界初の信用ベース・クロスチェーン型DeFiプラットフォーム Wing Finance が稼働開始

01/06/2020

オントロジー 2.0 公開

21/05/2020

オントロジーレイヤー 2 公開

23/03/2020

オントロジーマルチVM対応を実装

12/03/2020

オントロジーWasm-JIT 公開

14/02/2020

ブロックチェーン SaaS フレームワーク(アドオンストア)アルファ版を発表

2021
07/09/2021

ONT ログインと ONT TAG を公開

30/06/2021

オントロジー EVM 開発完了

22/02/2021

初のクロスチェーン Web ウォレット ONTO Web 公開